沿革

平成29年2月 増資により資本金30,500万円となる。
平成23年9月 本社を東京都中央区に移転する。
平成20年10月 子会社、株式会社シンエイを清算し、渡辺パイプ株式会社へ業務移管する。
平成20年9月 減資により資本金1,000万円となる。
平成19年10月 丸善薬品産業株式会社の子会社、株式会社ビニカの事業継承を受け、九州工場として営業を開始する。
平成19年1月 渡辺パイプ株式会社の傘下となる。
昭和59年12月 子会社、ナルトー化成株式会社を設立。工場を新設して農業用ポリフィルム、農サクビ等の生産を開始する。
昭和51年6月 奈良県橿原市に近畿営業所を開設する。
昭和51年2月 子会社、株式会社シンエイを設立し、雑貨用ポリ、ビニール、各種産業資材の販売を開始する。
昭和46年10月 増資により資本金16,505万円となる。
昭和46年6月 商号を株式会社エドビと改める。
昭和44年9月 埼玉県深谷市に工場を新設、東京工場を移転する。
昭和44年8月 本社を東京都千代田区に移転する。
昭和43年7月 増資により資本金8,800万円となる。
昭和43年3月 増資により資本金5,000万円となる。
昭和40年5月 ポリエチレンの重包装袋を主とし、農ポリ、一般包装袋の専門工場を千葉県山武郡成東町(現山武市白幡)に新設し、新鋭機械を揃えて、大量生産方式を確立した。
昭和40年2月 増資により資本金800万円となる。
昭和37年~38年12月 仙台工場、神戸工場を新設し、38年12月ビニール及びポリエチレン、鉄骨ハウスの生産加工設備を設置して生産販売体制を確立した。
昭和34年5月 松本工場を開設。
昭和33年12月 昭和33年12月ポリエチレン協力工場たる三真化学工業(株)を吸収合併し、資本金300万円とする。
昭和33年10月 尿素肥料の包装がクラフト紙からビニールに変えられたことに対応し、三井東圧化学(株)、三菱化成工業(株)(現三菱化成(株))の尿素袋の生産を開始した。
昭和28年6月 全農のビニール製品加工指定工場となる。
昭和28年6月 プラスチック製品の製造並びに販売を行うため、資本金200万円、名称を江戸川ビニール株式会社とし東京都江戸川区平井4丁目に設立。

PAGETOP

Copyright (C)2008 EDOVI Co.,Ltd.All Rights Reserved.